FC2ブログ

RE イフリート・シュナイド 制作12(終)

IMG_8374.jpg
 という訳で、前回塗装忘れをしていた動力パイプ基部をグレーで塗装しました。
 塗装後にスミ入れ、デカールを貼り直し、トップコートも終了です。

 という訳で、本当の意味で完成イフリート・シュナイドヽ(=´▽`=)ノ
IMG_8397.jpg

 たった一箇所塗りミスをしましたが、設定どおりに塗り分け。
 気がついた時は、スルーをしようかと思いましたが、眺めていて気になってしょうがなかっただけに、設定通りに塗装できて感無量です。
IMG_8396.jpg

IMG_8395.jpg

すぐに完成させるはずでしたのに、まさかこんなに遅れてしまったのは、色々ですね。仕事のストレス、昨年の水害の片付けも完全には終わっておらず、喪失感もありましたが、前向きにならないとですね。
とりあえず、お披露目は後日にして、次の制作に入ります。
完成まで見てくださり、ありがとうございましたm(_ _)m
 


スポンサーサイト



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

RE イフリート・シュナイド 制作11

IMG_8309.jpg
 変則勤務なので時ならぬ時に休日です。
 そして、こういう時こそ塗装に集中できるというもの。なので最後のトップコートに入ろうと思いましたが、窓際を猫に占拠されていました。家では人間よりも猫の方が立場が上なので、どいて下さいとは言えません(´・ω・`)
 猫ベットにヒーターを入れていますが、やはり日差しの方が心地良いようです。
 居なくなった時を見計らって、仕上げのトップコートに入ります。
 それなのにどうしてタイトルに(終)となってないのかと言えば、それは完成しなかったからです(ノД`)シクシク

 という訳で、トップコート完了ヽ(^。^)ノ
IMG_8321.jpg

 後は、どんどん組み立てていきます。
IMG_8323.jpg

IMG_8324.jpg

 フロントアーマーは左右が独立可動できるように中央で分割。
IMG_8325.jpg

IMG_8326.jpg

 下半身完成。
 動力パイプの関係上、胴体とバックパックと同時に組み合わせます。
IMG_8327.jpg

IMG_8328.jpg

IMG_8330.jpg

IMG_8331.jpg

 あとは頭と武器だけヽ(^。^)ノ
IMG_8332.jpg

 ジャイアントバズのスコープは蛍光ピンクの上澄み液を筆塗り。
IMG_8333.jpg

 当初は、付属のホイルシールを使おうと思いましたが、まあいいや。
 という事で、シールは使いませんでした。
 そして、この時になってシールに疑問が生じました。
 言わずもがな、三角形のシールはヒートダートのシールです。
IMG_8353.jpg

 1番はモノアイ。2番はバックパックのスラスター部。4番はジャイアントバズのスコープ。
 では、3番はどこだろう(¯―¯٥)?
 この時は、イフリートの写真も見比べてみましたが、分かりません。
 その時の結論として、イフリート・シュナイドはイフリート改の金型から制作されているので、余りのシールだろうと思いました。
IMG_8354.jpg

 という事でシールをスルーしてジャイアントバズを組み立て。
IMG_8334.jpg

 そして、頭と武装を付けて、完成イフリート・シュナイドヽ(=´▽`=)ノ
 イフリートという機体が登場し、プラモが欲しいと願い続けついにイフリートのプラモが完成しました。イフリート格好良い。
 至福のひと時を堪能しつくしました。
IMG_8358.jpg
IMG_8359.jpg

 それから説明書をしげしげと眺める。あのシールは一体なんだったのか。
 じっと眺めていて、気が付きました。
IMG_8355.jpg

 あのシールは動力パイプの基部の再現シールだと。
IMG_8356.jpg

 私の作ったイフリート・シュナイドは、成型色のまま。
 茶目っ気を出してデカールまで貼った場所なのに(ノД`)シクシク
 知らずに済めば、これで制作日記を終了させていたのですが、知ってしまったからにはしなければなりません。
 という訳で、動力パイプの基部をグレーに塗装しますm(_ _)m
IMG_8360.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

RE イフリート・シュナイド 制作10


 ガラスカッターマットというものをご存知でしょうか?
 随分と前にプラモアイドル・香坂きの氏のチャンネルにて、こうしたツールがある事を知ったのですが、とても良いツールと思いました。それと同時に、ガラス板じゃダメなのかな? などと思いました(^^ゞ

 デカールを切るのに便利と思いつつ、しばし記憶から抜けていましたが、You Tubeを散策しているとガラスカッターマットを自作されているのを拝見しました。
 それが、こちらの動画。


 わずか220円でできるという事で、作成してみました。
 セリアに行ってカッティングマットロングと任天堂スイッチガラス保護フィルムを購入。
IMG_8308.jpg

 作り方は、おっさんGP氏が紹介されたものを、そのまま行い、カッティングマットを切り使用するマットに両面テープを貼る。
IMG_8311.jpg

 あとはこれに貼り付けるだけ。
IMG_8312.jpg

 これにて完成。
 おっさんGP氏は、注意点として曲げると割れる事を挙がられていました。私は不注意が多いので割りそう。
IMG_8313.jpg

 割らない対策として、自宅にあった木切れを使う事にしました。貼り付けることで、曲がらい様にするためです。
 IMG_8314.jpg

 両面テープで貼り付け完了。これで誤って曲げる事はありません。
IMG_8315.jpg

 という訳で、こちらでマーキングを切っていきます。テトロンシールの欠点として余白が大きすぎるという点があります。
IMG_8316.jpg

 定規を使いマーキングシールの余白を切りましたが、これは凄い!
 通常のカッティングマットと異なり、ガラスなのでデザインナイフの刃が食い込まないのでスルスルと切れる。
 またガラスなので使用前にガラス面をきれいにしておけば、シールの粘着面にゴミがつかないので粘着面をきれいしたままにできる。
 硬度9H(鉛筆の9Hで書いても傷がつかない程の硬度)なので、ぜんぜん傷がつかない。
 こんな凄いツールがわずか220円でできてしまうのは、本当に凄いです。
IMG_8317.jpg

 そんなこんなで、イフリート・シュナイドにマーキングシールを貼り終わりましたヽ(^。^)ノ
IMG_8318.jpg

 説明書通りだと、大量にマーキングシールが余ったので、私の好みで追加して貼っています。
IMG_8319.jpg
IMG_8320.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

RE イフリート・シュナイド 制作9

IMG_8299.jpg
 イフリート・・シュナイドの塗装は部分塗装で行っていきます。
 ただ、すでに分かっていた事ですが、バックパック中央にあるスラスターに難儀なものを感じました。ここは一体成型に加えて、内側がオレンジ、外側がグレーという配色。

 股間や脚の甲にある似たような部品はオレンジ一色なのに、ああした配色は手間がかかって泣けます(;一_一)
IMG_8306.jpg

 内側のオレンジをガイアカラーのピュアホワイトで下地を塗り、続いてMrカラーの黄橙色で塗装。完全乾燥をさせる為に一日放置して、マスキングテープでマスキング。
 続いてMrカラー・グレーFS36320で塗装。
 また完全乾燥させるために一日置き、グレーの部分をマスキング。
 それからメインの塗装に入るので、バックパックの配色の多さの為に3日もかかりました。 
IMG_8298.jpg

 ブラウンは、Mrカラーのレッドブラウン:2 ブラック:1の割合で混色して塗装。まずまずと言った所で成功ですヽ(=´▽`=)ノ
IMG_8300.jpg

 因みに、バーニアの内側も設定通りならオレンジなのですが、ここは私の好みで焼鉄色の一色塗りです。
IMG_8303.jpg

 マスキングで疲れたのは武装のヒートダートにも疲れた。シルバーを吹くにあたり、数が多かったです。
IMG_8301.jpg

 取り外しが可能な刃は、シルバーを塗装後にクリアーオレンジでグラデーションぽく塗装。
 そして気がつく。ヒートダートの数が足らない事にΣ(゚∀゚)
IMG_8304.jpg

 イフリート・シュナイドが装備しているヒートダートは14本に対し、私が塗装したヒートダートは12本。あと2本足りません
IMG_8302.jpg

 説明書を読み返すと、取り外しが可能なヒートダートは発光表現をする場合としない場合との選択式でした。
 そんなバカな (ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン
 ヒートダートをゴテゴテと装備しているのが、イフリート・シュナイドの格好良い所なのに、ヒート表現にしてしまったばかりに2本欠損状態になるなんて。予備に付けといてよ。
 フル装備を再現するには部品請求するしかありませんが、その頃までテンションを保っていられるかですね。
 ともあれ部分塗装は完了です(^^)v
IMG_8307.jpg



RE イフリート・シュナイド 制作8

IMG_7832.jpg
 イフリートシュナイドのソール部分です。
 切り出して分かったのですが、側面にあるモールドを成形するためにパーティングラインが生じています。玄人ならば作り直した方が早いという事でプラ板で作り直すのでしょうが、成型色を活かして作るのでここは丁寧にヤスリがけをして処理をします。

 パーティングライン以外は難しい所はなく、丁寧にパーツを切り離し、ついでにスミ入れも済ませておきました。
IMG_8278.jpg

 膝関節ですが、完全に挟み込み方式になっていました。
IMG_8279.jpg

 ですが、腿のパーツはモールド処理がされており、合わせ目が目立たない作りになっています。
IMG_8280.jpg

 膝から下のパーツも同様で、塗装派の人にとっても嬉しい構造になっています。
IMG_8281.jpg

 側面も同様に、合わせ目がモールド処理になっているので、合わせ目消しの作業が生じません。
IMG_8282.jpg

 これにて右脚の完成。
IMG_8283.jpg

 関節の構造ですが、腿の上部でロールする様になっているの、広い可動範囲が確保されています。
IMG_8285.jpg

 膝や足首の曲がりは、こんな所。
 本当に手間いらず、加工いらずの作りで、パーツを切り離すだけでこんなにもカッコいい物ができるのは凄い。
IMG_8284.jpg

 因みに、ソールのパーティングラインはこんな風になりました。
IMG_8287.jpg
 
 左脚も制作して、これにて両脚の完成です(≧∇≦)b
IMG_8286.jpg

 今週の勤務が終わったものの、一日しかお休みが貰えず。キツイっす(;一_一)
 休みなのに。いえ、休みだからこそなのか、昼、夕方と二度もうたた寝をしてしまった。やはり疲れが抜けきっていなかった様で、もったいない休みの使い方をしてしまいました。
 次回からは、パーツの塗装に入っていきます(≧∇≦)b
 ではまた。



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

RE イフリート・シュナイド 制作7

IMG_8209.jpg
 前回の更新から完全に放置しておりましたm(_ _)m
 夏の暑さも厳しかったですが、勤務も厳しく残業に休日出勤が重なりかなりグロッキーになり、そのままズルズルとプラモを作らずに今に至っておりました。
 さて、どのパーツを切ろうかと思いましたが、手っ取り早くできそうなジャイアントバズを切り出す。久々に作ると道具がどこに行ったのか分からなくなっていましたが、とりあえず完成。
 因みに、このジャイアントバズはMG 06R-2 Ver2.0のキットから流用されているもので、最新の設計から作られているだけあって、合わせ目が全く生じない作りになっていました。凄い(゚∀゚)

 仕事の現状は良くはなっていませんが、涼しくなり過ごしやすくなって来たのは良いことです。これを機会にイフリート・シュナイドを完成させていきます٩( 'ω' )و
 


テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

RE イフリート・シュナイド 制作6

IMG_8132.jpg
 先週は7連勤で疲れました(>_<)
 少々サボっておりましたが、それでも少しずつパーツの切り出しを行い、両腕パーツの切り出しとスミ入れが終了しました。

 パーツ分割は考えられており、合わせ目が生じる前腕部は段落ちモールドと台形のモールドによって、合わせ目処理をしなくても良い様に作られています。
IMG_8133.jpg
IMG_8134.jpg

 ショルダーアーマーは一体成型で貼り合わせ無し。紫のパーツは腕と同様に合わせ目がモールドになるように作られています。
IMG_8135.jpg

 丁寧に作られているプラモですが、なぜか手首の甲のパーツがありません。
 説明書を見ずに切り出していたので、数が合わない事に気が付く。
IMG_8136.jpg

 説明書を見ると、次のようにありました。
 一個足らないのですね。付けてくれても良かったのに。思わず探しちゃいました(^▽^;)
IMG_8137.jpg

 今回は、こんな所です。



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

NXEDGE STYLE ネクスエッジスタイル 龍神丸

IMG_8115.jpg
IMG_8116.jpg
 ネクスエッジスタイル 龍神丸を購入(≧▽≦)
 魔神英雄伝ワタルは好きなアニメでよく見たものです。

 因みに、ロボット魂版の頃からワタルのシリーズは集めていたのですが、休止してしまっており残念に思っていたものです。
それが再びネクスエッジスタイルで商品化。今度は登場した魔神が揃うとの事で、このシリーズは楽しみです。
IMG_8120.jpg

 付属品はロボット魂のシリーズに比べれば多くはありませんが、シンプルながら必要最低限の付属品になっています。
IMG_8117.jpg
 こちらは、台座
IMG_8118.jpg

 ディフォルメスタイルながらも、カッコイイ龍神丸がまた手にできるとは。
IMG_8119.jpg

 もっと格好良くしてあげようと、スミ入れ塗料や、スミ入れペンを使ってスミ入れ。
 完成品なので、合わせ目にスミが入らない様に、また関節部などにスミが流れてパーツ割れが生じないように気を付けました。
IMG_8122.jpg

 スミ入れ完了(≧▽≦)
IMG_8121.jpg

 箱のまま眠られてある魔神もあるので、手が取れる時にスミ入れをしてやります。



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

RE イフリート・シュナイド 制作5

IMG_8078.jpg
 イフリートシュナイドの武器・ヒートダートです。
 安全基準に基づいて、あまりシャープになっていません。そこで先端を削って尖らせ、刃の厚みを薄くなる様に削りました。
 上に置いたパーツが加工前。
 下に置いたパーツが加工後のもの。
 先端が尖っているのが分るでしょうか?
 
 次の写真は、横にしたもの。
 刃の厚みを薄くなる様に削りました。
IMG_8079.jpg

 そんな作業を延々と繰り返していました。
 数は……、数えるのを止めて、残りあと何個……。
 という考え方で処理していきました(^▽^;)
 加工して思ったのですが、凝視しなければ分からなんじゃ……。などと思いつつも、一個やってしまったからには、やらなければならなくなりました。
IMG_8080.jpg
 今回は、こんな所です。



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

アニゴジ版 メカゴジラ

IMG_8112.jpg
IMG_8114.jpg
IMG_8113.jpg
 アニメ版ゴジラは、2017年、2018年に上映された全3部作からなる作品。
 そろそろレンタルで見てみたいと思いつつも、もう何年もレンタルビデオ店に行っていないだけに、行くことが億劫になっています。写真の怪獣は、第二部に登場するメカゴジラ。
 まだ鑑賞していない私ですが、ネットを散策していて大体の事が分かっています。2万年前の地球にてゴジラと対決する筈だったメカゴジラですが、機動に失敗し破壊されてしまったとかなんとか。
 そのメカゴジラが再び2万年後の地球で発見されたのが、映画の方ですが、怪獣映画ファンが期待したものではなかったとかなんとか。
 このメカゴジラが起動していたら、ゴジラとどう戦っていたのか。そんな事を思ったものですが、それを映像化されている方がいらっしゃいました。
 初めて見た時は、そのクオリティの高さに公式かと思いましたが、実は二次創作作品でフリーソフトを使い趣味で作られたものだそうです。
 動画投稿をされたのはずい分前になりますが、私が知ったのはつい先日。改めて、手元にあるメカゴジラを手にして、その格好良さに惚れこみました(*´▽`*)
 価格は凄い事になりそうですが、これを見るとモンスターアーツやロボット魂、超合金等で立体化して欲しいと思いました。



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ごあいさつ

ご訪問、ありがとうございます。

こちらは、kouが作った模型等です。
模型の写真はありますが、写真、ポージング共に上手とは言えません。流行に関係なく好きに作っているので、時期を外した作品ばかりです。
ご高覧して頂き、良いと思ったり、模型作りの上で参考にして頂いたり、製作のモチベーションを上げて頂くなど、何かしら得るものがあれば、さいわいです。
kouは多趣味ですので、更新時期はまったくの未定となっています。
 
リンクフリーです。
その際には、メールやコメント欄で御一報下さりますと嬉しいです。
(看板娘より)

オンラインカウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングの参加しております。            作品が良いものであったり、記事がお役に立つものでしたでしょうか?           さしつかえがなければ押してやって下さいませm(_ _)m

FC2Blog Ranking

リンク様
最新コメント
最新トラックバック
Amazon商品
リンク 様
プロフィール

kou

Author:kou
 多趣味な者です。模型を作ったり、同人で小説を書いたり、ビデオを見たり(怖いのが好み)、フィギアを愛でてみたり、古書店を巡ったり、完成品玩具で遊んでみたり、ゲーム実況を観賞したり、献血をしたりの、猫大好きな者です。
 基本的には模型作りが好きなのですが、手が凄く遅いです。
 一人称は《私》を使っていますが、男性ですよ。

★掲載作品の一覧
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
7月の商品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1978位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
273位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: