fc2ブログ

EG νガンダム 制作5(終)

IMG_9681.jpg
 随分と時間が開いてしまいました。
 ここ最近7連勤なもので家では、ボーっとしていました。
 写真のパーツはνガンダムのシールド裏にあるグレーのパーツ。
 私は今まで知りませんでしたが、これはビームキャノンと言って、一年戦争時に使用されていたビームライフル程度の威力を持っている武装だったんですね。知らなかった。

 という事で、ここをピンバイスで少し掘り下げておきました。
 IMG_9685.jpg

 マーキングについては余白をデザインナイフで切り取り貼り付け。
 IMG_9673.jpg

 トップコート
IMG_9674.jpg

 肩にあるセンサー箇所にはシールが付属していません。
IMG_9675.jpg

 マスキングテープを貼り鉛筆で型を取り、余っていたホイルシールに貼ってシールを切り取る。
IMG_9676.jpg

 貼り付け。
IMG_9677.jpg

 フロントアーマーの接続部を切り、独立可動にするようにする。
 IMG_9678.jpg

 組み上げて完成\(^o^)/
 EGで発売されてたRX-78ガンダム、ストライクガンダムは最初の発売はライフルもシールドも付属していなく、後から武器付きが後日発売されていたのに、νガンダムではフィンファンネルこそありませんが、ライフルもシールドもあるので、決まっていますね。
IMG_9686.jpg

 低価格ながらも、HG以上の色分けと腹部の稼働を加えてある素晴らしいキットです。
 福岡のGUNDAM SIDE-Fではロングレンジフィンファンネル装備のνガンダムが完成した事で、限定モデルがRG、EG、BB戦士が発売されているそうですが、HGだけ無いのが分かる気がします。
 簡単に組み立てられて色分けも、ほぼ完璧なEG版のガンプラは本当に凄い。次に何が発売されるのか分かりませんが、個人的に、沢山並べられる量産機を発売して欲しいと思っています。
IMG_9687.jpg



スポンサーサイト



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

EG νガンダム 制作4

IMG_9669.jpg
 腰部のパーツの切り出し、スミ入れ、部分塗装を行う。

 部分塗装はリアアーマーの黄色の部分を筆塗り。
 後で思いましたが、イエローではなく黄橙色にすれば良かったと思いました。
IMG_9670_20220512131810cce.jpg

 エアブラシで、その他の箇所を塗装。
IMG_9667.jpg

 ビームライフルは下部の箇所のパーツは合わせ目が生じるので接着後にペーパーがけを行いスミ入れ。
 シールドもスミ入れを行い、組み立て。
 今回は、こんな所です。
 GW中にYou Tubeを観ていると、全国でRG Hi-νガンダムが大量再販という話があり、私も模型店に行ってみましたが、どうやら別次元のお話で、地方では無縁のお話でした(T_T)
 相変わらず模型店の棚はガラガラ。ガンプラコーナーは縮小され、以前はお一人様5個まで購入できていたのに、現在は3個までになっていた∑(゚д゚lll)
 書き入れ時のGWなのに、商品も無けば購入まで制限がされているなんて事態は更に悪化していました。早く私の所でも大量にガンプラが並ぶ風景が帰ってきて欲しいものです。
IMG_9671.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

EG νガンダム 制作3

IMG_9668.jpg
 νガンダムの腕と脚を作成。
 継ぎ目のない作りで、丁寧にゲートを処理するだけで、組み上がります。

IMG_9672.jpg

 シールド裏のミサイルは一体成型なので、ミサイル部分を塗装の利便性を考えて切断。
 今回は、こんな所です。
IMG_9666.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

EG νガンダム 制作2

IMG_9659.jpg
 腰のパーツの切り出し。
 EG RX-78ガンダムと同様にセンターアーマーのVの黄色も別パーツになっているので、組むだけで色分けが再現されています。
 問題点としては、関節部のパーツが赤や黄色なのでグレーに塗ってやる必要があること。

 胴体のパーツを切り出し、早々に墨入れも行う。
IMG_9660.jpg

 バックパックの切り出し。
IMG_9661.jpg

 驚いたのが、サーベルラック部のパーツ。
 ここも塗り分けではなく別パーツによって色分けされています。
IMG_9662.jpg

 という訳で、上半身の完成。格好良い(*´ω`*)
IMG_9663.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

EG νガンダム 制作1

IMG_9665.jpg
 前回の更新から随分と時間が経ちました。
 全く作っていなかった訳ではありませんが、そちらはまた今度ということで。
 とりあえず、4月に購入したEG版 νガンダムを作っていきます。

 まずは頭部から切り出し、アンテナのフラッグを成形。
 相変わらず塗装も必要のない細かい分割で、いつもながら驚かされます。
IMG_9654.jpg

 首関節の肉抜きはプラ材と瞬間接着剤で埋める。
IMG_9655.jpg

 EG νガンダムには他にも肉抜き箇所があります。
 胸部のセンサー裏に肉抜き。
IMG_9652.jpg

 ここはランナーにあった箇所を接着。
IMG_9653.jpg
 
 ちょっと白い点が生じました。
 筆塗りでリタッチしておこう。
IMG_9657.jpg

 足裏はワンパーツによる成形なのですが、縁と先に肉抜きがあります。
 全部を埋めるのは大変なので、目立つ先端箇所のみ肉抜きを埋めました。
IMG_9658.jpg

 他のパーツを処理しつつ、頭部に墨入れを行い組み立て。
 未塗装で、こんなにもカッコいい頭部が出来上がるなんて、凄すぎです(≧▽≦)
IMG_9656.jpg






テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

ENTRY GRADE ストライクガンダム ライトパッケージVer 

IMG_9621.jpg
 機体解説『機動戦士ガンダムSEED』
 地球連合所属国家の1つである大西洋連邦が、オーブ連合首長国公営企業モルゲンレーテ社の技術協力を受け、資源コロニー「ヘリオポリス」で極秘開発した5機の試作型MS(初期GAT-Xシリーズ)の1機。
 GAT-X102デュエル、GAT-X103バスターと同系列のX100系フレームを基本骨格に採用。四肢の分散処理比重が他の機体よりも高められたため、運動性も向上した。
 5機の中では最後発の機体であり、異形式のフレームを持つブリッツやイージスからのフィードバックも行われ、5機中最も洗練された機体と言える。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

IMG_9622.jpg

IMG_9623.jpg

IMG_9624.jpg

IMG_9625.jpg

 武装
 XM404『グランドスラム』
 プラモデル「1/60 PG(パーフェクトグレード)ストライクガンダム」付属のボーナスパーツを元に設定されたオリジナルの大型の実体剣。
 アーマーシュナイダー同様、平井久司が自らデザインを行った。また、この装備は後に発売された「1/100 MG(マスターグレード)ストライクガンダム+I.W.S.P.」にも付属しているが、設定変更によって非公式扱いとなり組立説明書内の解説文にも詳細は一切記述されていない。
 『ガンダムイボルブ』ではザフト軍の地上基地にあったものを武器を失ったストライクが使用していた。
 グランドスラム旧設定
 ストライクのオプション武装の1つとして用意された大型の実体剣。その全長はMSの身長を軽く上回り、リーチの長さを活かした広い間合いからの斬撃・刺突を可能とする。
 グリップは折り畳み式である程度の携帯性を確保しているが、結局は遥かに小型で取り回しに優れたアーマーシュナイダーが採用されることとなった。残された装備は構造を簡略化した上で接近戦武装を持たないバスターに回される予定だったが、その矢先にザフト軍クルーゼ隊によって同機を含む4機のGが強奪され、さらにヘリオポリス崩壊に伴い、製作された試作品及びその他関連資料の一切が行方不明となってしまった。

 対装甲コンバットナイフ『アーマーシュナイダー』
 腰部両脇ホルダーに内蔵されている超硬度金属製の戦闘ナイフ。
 超振動モーターによって刃身を高周波振動させPS装甲を除くほとんどの物体を切断可能。武装自体に小型の電源を内蔵しているため、MS側の残存電力を気にすることなく使える利点がある。PS装甲やビーム兵器を有する同機は消費電力も激しいため、このような実刃兵器がサブ・ウェポンとして装備された。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
IMG_9626.jpg

IMG_9627.jpg

IMG_9629.jpg

IMG_9630.jpg

IMG_9631.jpg

 EG版は肩のスイングはできるのですが、可動範囲がそれほど広くないので、グランドスラムの両手持ちはかなりギリギリです。
IMG_9632.jpg

IMG_9633.jpg

IMG_9619.jpg

IMG_9620.jpg

 エントリーグレード版ストライクガンダムでした。
 低価格でありながら、ほぼ設定通りの色分けが再現されているプラモで凄く良いものです。
 ガンプラのエントリーグレードとして、次回はνガンダムが発売されるそうですが、個人的にザクやジムといった量産型が発売してくれれば沢山作って並べたいと思います。
 ガンプラのモデルとして、PG(パーフェクトグレード) 、MG(マスターグレード)、HG(ハイグレード)しか無かった頃に友人と、ガンプラのモデルが今後増えいていくことはあるだろうかと話し合ったことがあります。冗談でキンググレード、クイーングレード、エンペラーグレードなどという架空のモデルを言いつつも、もう増えることは無いだろうと思っていましたが、RG(リアルグレード)が登場し、EG(エントリーグレード)というブランドが登場することとなりました。
 模型入門という初心者に模型作りを楽しさを伝えるプラモが発売されるとは、夢にも思わなかったことです。以前にプラモを作る子供が少なくなっているというのを記事で読んだことがあるのですが、プラモの消費者は中高年になっているそうです。お金を出して購入するのは大人ではありますが、子供をないがしろにしていると世代が進んだ場合模型業界そのもが干上がってしまう恐れがあるとか。
 そういった意味で、初心者向けのEGの発売は、とても良いものだと思います。これを切っ掛けにプラモ作りの楽しさが広がればいいですが、昨今のガンプラ枯渇問題に目を向けると何ともやるせない気持ちになります。
 早く以前のように、気軽にガンプラを購入して楽しめるようになって欲しいものですね。

 余談ですが、今朝の時点でガンプラランキングで、1位になっていました。
 気楽に簡単フィニッシュで作っている制作日記であるにも関わらず応援して下さり、本当にありがとうございます。
 凄いことはできませんが、これらも模型作りを楽しみながら作っていきますm(_ _)m
IMG_9618.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

EG ストライクガンダム制作4(終)

IMG_9607.jpg
 スミ入れを拭き取りながら、ソールの箇所に違和感を感じました。
 ストライクガンダムのパッケージ写真を観る。
 すると、ソールの箇所にグレーの塗装があるのに気が付きました。
 思わず塗り忘れる所でした(^^;

 先日、改題作品ではあるのですが、小説をアップロードさせて頂きました。
 ふと確認すると一度に3人もの方が読んで下さっていました。読んで頂けるというのは嬉しいものです(*^^*)
IMG_9606.jpg

 エブリスタにて小説を掲載さて頂きています。よろしければご高覧下さい。
 →エブリスタ

 部分塗装にはエナメルのジャーマングレーで筆塗り。
IMG_9608.jpg

 あとはオリジナルブレンドのトップコートを吹いて完了です。
IMG_9609.jpg

 組み上げて完成ヾ(*´∀`*)ノ
 今年最初に完成したプラモです。
IMG_9611.jpg

 入門向けキットとは言え、色分け再現はほぼ完璧なので組むだけでも設定に近い色分けがされているだけでなく、プロポーションも完璧。
IMG_9612.jpg

IMG_9613.jpg

 ライトパッケージの唯一の武器・アーマーシュナイダーを装備。
IMG_9614.jpg

IMG_9615.jpg

 アーマーシュナイダーしか武器はありませんが、逆を言えばアーマーシュナイダーだけでディスプレイできるとも言えます。
 背中にはストライカーパックを装備できるようにハードポイントがあるので、各種ストライカーパックを発売して欲しいものです。
IMG_9616.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

EG ストライクガンダム制作3

IMG_9601.jpg
 背中のスラスター内部の塗装を行いました。
 筆塗りなので筆ムラがありますが、入り組んでいるので見えにくいのでノープロブレムということで。あとはトップコートで誤魔化して気にしないようにしておきます。

 エブリスタにて小説を掲載さて頂きています。よろしければご高覧下さい。
 →エブリスタ

 これにて上半身の完成。
IMG_9603.jpg

 フロントアーマーは接続部の中心をハイパーカットソーで切断し、独立可動ができるようにしました。
IMG_9600.jpg

 脚のパーツを組み込んで腰から足首までが完成。
 それにしても、無塗装で脚のグレーパーツが出来上がるとは。EGは低価格ながら凄い色分け再現です。
IMG_9602.jpg

 今作っているストライクガンダムはアーマーシュナイダーしか付いていないのが寂しいと思いました。
 IMG_9604.jpg

 ふと思い出したのが、ホビージャパンの付録であったHGガンダムSEEDカスタムキット。
 これには、グランドスラムが付いていた。
IMG_9597.jpg

 今まで作っておらず、もったいないので作ることにしました。
IMG_9598.jpg

 肉抜き処理をした脚のソールのパーツと、アーマーシュナイダー、グランドスラムを塗装。
 この寒い中の塗装はやはり厳しかったです{{ (>_<) }}
 今回は、こんなところです。
IMG_9599.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

EG ストライクガンダム制作2

IMG_9577.jpg
 EG ストライクガンダムの脚。
 分割線が中央に来ないように考えられた構成になっています。合わせ目を消さなくても良いので、これは楽ちん(^^♪

 そういえば、エブリスタでの私の作品を読んで頂き、ありがとうございます。
 こちらのブログで紹介させて頂いてから、管理画面を確認するとこんなにも複数同時に閲覧がはいっており、すごく嬉しかったです。
 面白いか、また訪問してみたいかは別にはなりますが、こんなにも閲覧して頂けたのは初めてだったもので。書き手にとって、読んでもらえるということは感涙ものに嬉しいことです。
 読んで頂きまして、本当にありがとうございますm(_ _)m
 IMG_9582.jpg

  エブリスタにて小説を掲載さて頂きています。よろしければご高覧下さい。
 →エブリスタ

 ストライクガンダムの制作に戻りますが、脚の裏側です。
 実は、表と違ってこちらは中央に分割線がきています。目立たない後ろではあるのですが、個人的にどうしても気になります。
IMG_9578.jpg

 脚のグレーパーツですが、これを組み込むとなると分割する必要があります。
IMG_9579.jpg
IMG_9580.jpg

 なのでハイパーカットソーで切断し、干渉箇所を削って後ハメ加工をしました。
IMG_9581.jpg

 後は、腰から下のパーツを整形し、スミ入れを行う。
IMG_9591.jpg

 足裏の肉抜き箇所は気になったので、プラ板と光学パテを使い処理。首の関節パーツも肉抜きがあったので、プラ材と瞬間接着剤で処理。
 アーマーシュナイダーは刃の部分をデザインナイフで薄く削り、先端を尖らせました。
IMG_9592.jpg
IMG_9593.jpg

 又、昨日スミ入れをしたパーツはある程度組みました。
IMG_9594.jpg

 センサー箇所を、エナメルのスカイブルーで塗り、目の黄色パーツの周囲をブラックで塗装し組み立て。
 シールも使わず、ガンダムの顔が出来上がる。
 MG以上の細かい作り込みは本当に凄い。4月に発売されるEG νガンダムも楽しみです。
IMG_9595.jpg

 背中のスラスター箇所は赤なので、下地の白を筆塗り。乾燥後に重ね塗りをして塗装していきます。
 今回は、こんなところです。
IMG_9596.jpg



テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

EG ストライクガンダム制作1

IMG_9584.jpg
 せっかくの正月休みなので、短期間で作れるプラモを制作したいと思い、昨年に購入したEG ストライクガンダムを作りたいと思います。

 エブリスタにて小説を掲載さて頂きています。よろしければご高覧下さい。
 →エブリスタ


 取り敢えず、昨晩の内に頭、胸、腕の三箇所の部位のパーツを切り出し、整形しました。
 EGはタッチゲートなので、パーツの切り出にニッパーを使うとパーツに傷が入ってしまうので、エッチングノコで切り出しています。
 IMG_9585.jpg

 胸の部位の上部には合わせ目が生じます。
 下部の脇腹は段落ちモールドになっているのですが、上部は合わせ目状態。
 個人的に何となく気にならなかったので、上部の箇所はデザインナイフでパネルライン加工をしておきました。
IMG_9586.jpg

 腕の部位。
 合わせ目が生じない完璧な作りに加え、色分けも完璧。
 旧HGのストライクガンダムを作ったことがありますが、前腕部・肩のグレーのパーツを筆塗りしたのを思い出すと共に、低価格に加えて完璧な色分けができていることに時代の流れを感じます。
IMG_9587.jpg

 EG ガンダム同様に凄まじい色分けにビックリ。
 ツインアイの色分けに加え、左右のダクトのグレーの箇所はグレーパーツを使い細かい再現がさてています。
 角の安全基準で付けられていたフラッグは処理しておきました。
IMG_9588.jpg

 色明けも完璧なら合わせ目が生じないように分割線も考えられた構成になっていて、本当に凄い。
IMG_9589.jpg

 取り敢えず、現在切り出したパーツのスミ入れまで終わらせておきます。
IMG_9590.jpg

 


テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

ごあいさつ

ご訪問、ありがとうございます。

こちらは、kouが作った模型等です。
模型の写真はありますが、写真、ポージング共に上手とは言えません。流行に関係なく好きに作っているので、時期を外した作品ばかりです。
ご高覧して頂き、良いと思ったり、模型作りの上で参考にして頂いたり、製作のモチベーションを上げて頂くなど、何かしら得るものがあれば、さいわいです。
kouは多趣味ですので、更新時期はまったくの未定となっています。
 
リンクフリーです。
その際には、メールやコメント欄で御一報下さりますと嬉しいです。
(看板娘より)

オンラインカウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングの参加しております。            作品が良いものであったり、記事がお役に立つものでしたでしょうか?           さしつかえがなければ押してやって下さいませm(_ _)m

FC2Blog Ranking

リンク様
最新コメント
最新トラックバック
Amazon商品
リンク 様
プロフィール

kou

Author:kou
 多趣味な者です。模型を作ったり、同人で小説を書いたり、ビデオを見たり(怖いのが好み)、フィギアを愛でてみたり、古書店を巡ったり、完成品玩具で遊んでみたり、ゲーム実況を観賞したり、献血をしたりの、猫大好きな者です。
 基本的には模型作りが好きなのですが、手が凄く遅いです。
 一人称は《私》を使っていますが、男性ですよ。

★掲載作品の一覧
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
7月の商品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
99位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: