HG ガンダムグシオン 制作7

 IMG_6832.jpg
 三度目のヤスリがけをして、ようやく気泡処理が終わりました。
 正直、サーフェイサーを吹くと見えてはいない気泡が浮かび上がりそうですが、その時はその時ということで……。結婚式のスピーチでは、結婚前は両目をしっかりあけ、結婚したら片目をつぶって見る。
 という言葉があるそうで、人に完璧を求めすぎると苦しくなる。長く続く人間関係には許しが必要。というような意味。
 くたびれている今の私は、プラモの完成度もそういうのがあっても良いと思いました。

 他の進行度としては、前回の記事から惰眠を貪っていていた訳ではなく、全てのパーツ成形を完了させました(≧∇≦)/
 これで、グシオン並びにオプションセットの武器も出来上がりです。
 ええ、グシオンはですが。
 以下の記事はグシオンとは、あまり関係のない内容となっております。
 IMG_6833.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

HG ガンダムグシオン 制作6

 IMG_6813.jpg
 およそ一ヶ月ぶりのグシオンの製作記事になります。本当、お久しぶりです。
 とりあえず武器セットにあったパーツの肉抜き処理をすると共に、合せ目処理を行いました。すんなりと表面処理が上手くいきませんでしたが、溶きパテを用いて処理が終わりますた。

 表面処理と言えば、こちらも。
 気泡ができておりましたが溶きパテで表面処理。
 IMG_6814.jpg

 そして、埋めきれなかった(ーー;)
 早くしなければ。という思いで今度は黒い瞬間接着剤を使ってみましたが、やはり気泡が(_ _;)

IMG_6815.jpg

 気泡の処理をしていると、ガンプラ漫画の『ジャブローズスカイ』を思い出しました。
 人気俳優・桜庭陸人。金も地位も名誉も、全てを手にしたスーパースターの趣味はガンプラ作り。オレ設定のMSを作っていくお話。
 IMG_6816.jpg
 水中型ザクの製作中に、パーツの表面に気泡が生じていた。
 IMG_6817.jpg

 ええ。本当に私も心が折れそう。
 2回も表面処理をしても気泡が埋めきれないことに(TT) 
 IMG_6818.jpg

 という訳で、また溶きパテを塗りました。
 今度こそ、表面処理を終わらせたいです。
 IMG_6820.jpg

  


テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

HG ガンダムグシオン 制作5

 IMG_6485.jpg
 最近気温が落ちてきて昼間と朝晩の気温差が大きくなりました。使うのはまだ先だろうと思いつつも、先日ホットカーペットなどの暖房器具を準備しましたが、そろそろ活躍しそうです。
 今回はグシオンの足裏。
 足裏の肉抜きをどう処理しようかと思っていて、かなり後回しになりました^^;

 写真を一枚撮り忘れましたが、内側面モールドが潰れてしまわないように、0.14mmのプラ版を貼った。
 それから、瞬間接着パテで肉抜きを埋めた。
 ここで問題発生!
 瞬間接着パテを使うのは久しぶりだったのですが、長い間使わなかったためか固まらない。本来でしたらものの数分で硬化完了するはずが、一時間経っても硬化しないです。
 IMG_6755.jpg

 一日経てば何とか硬化できましたが、もはやただの接着パテになっております(T_T) マテリアルは早く使い終わらなければですね。
 IMG_6756.jpg

 硬化後に削った。
 思いの外気泡が生じてしまいました。
 あとは溶きパテで処理をします。
 IMG_6759.jpg

 グシオンの武器が少ない気がしたのでオプションセットも作ることにしました。
 アニメには使われていなかったアックスが格好良い(≧∇≦)b
 IMG_6757.jpg

 パーツを確認すると肉抜き箇所があったので、プラ版を接着。
 IMG_6758.jpg

 あとは合わせ目が生じるパーツを接着。
 IMG_6761.jpg

 今回はこんなところ。
 気がつけばもう11月。今月中に完成させたいです。

   

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

HG ガンダムグシオン 制作4

 IMG_6696.jpg
 グシオンの武器。
 当然ながら合せ目が生じるので接着しました。合せ目を消すのは紙ヤスリで磨き上げる必要があるのですが、楽をしようと思いツールを購入しました。

 Mrポリッシャー。
 電動式のヤスリがけ機。
 ネットの方を散策すると電動歯ブラシを改造して作られているのを拝見しました。
 私も自作してみようかと思いましたが電動歯ブラシが意外と高価で、自作されている電動歯ブラシが見つかりませんでした。価格を比較しても、Mrポリッシャーの方が安いので、こちらを購入。
 IMG_6713.jpg

 ポリッシャーの交換用ヘッドが一本しか見つからなかったので一本しかありませんが、ヘッドの目を400番と800番だけ用意。
 IMG_6714.jpg

 パーツを研磨してみた。
 IMG_6715.jpg

 使ってみましたが、これは早い。
 ものの数十秒、数分でペーパーがけが終了しました。
 手で行っていたらり時間がかかりますが、当てているだけで研磨できるので、これはかなり時間がの短縮できるツールです。
 IMG_6716.jpg

 さすがにこうした複雑な形状のものには、全ての面にポリッシャーを使える訳ではありませんが作業はかなり早くなりました。
 IMG_6724.jpg

 ペーパーの目を落として仕上げた。
 IMG_6723.jpg

 とりあえず、ハンマーと銃の合せ目処理が完了。
 IMG_6722.jpg

 最近、朝晩の気温が落ちてきました。
 昼間の気温は真夏に比べて過ごしやすくなっていますが、寒暖の差が激しく体調を崩しそう。趣味を楽しむためにも体調管理には気をつけなければです。

    

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

HG ガンダムグシオン 制作3

 IMG_6717.jpg
 グシオンを組んでいて分かった後ハメが必要な箇所。
 脹脛にあるバーニアは組んだ後に組み込めると思っていましたが、パーツが深く入っているために組みながらでないとハメ込みが出来ませんでした。

 そこで、後ハメ加工。
 バーニアの一部を削る。
 IMG_6718.jpg

 ハメ込む穴を少し削ってハメ込みしやすくして完了。
 IMG_6719.jpg

 これで二つ完了。
 IMG_6720.jpg

 グシオンの首の後ろのパーツには肉抜きがあったので、ここをポリパテで処理した。
 IMG_6721.jpg

 日々に疲れて手が遅くなっていましたが、少し進みました。
 楽しみながら次も頑張ります(^^♪

    

HG ガンダムグシオン 制作2

 IMG_6701.jpg
 前回、一方のショルダーアーマーの後ハメに失敗しましたが、それを経験にもう一方の方は失敗せずに行えました。
 後ハメ加工として、一方の軸を少し短めにし、無加工の軸からハメ込んで行くとハメ込めます。

 引き続き、腕のパーツ。
 前腕には挟み込みのために合わせ目が生じます。手首にも合わせ目が生じるので、少々手間です。
 IMG_6702.jpg

 1/100グシオンを見ると、装甲を外せるようになっていただけに前腕の装甲は段落ちモールドにされていました。なので、それに習って私もパネルライン処理にしました。
 手間な加工をするのは、やはり大変なので手抜きです(^^ゞ
 IMG_6700.jpg

 手首の合せ目にはそのまま接着しても良かったのですが、塗装の便を考えて見えない箇所でパーツを切断して接着をしました。
 IMG_6703.jpg

 こんな感じで、進めておりますm(_ _)m

   

HG ガンダムグシオン 制作1

 IMG_6689.jpg
 『鉄血のオルフェンズ』に登場したガンダムグシオンのデザインを見た時は衝撃的でした。これまに多くの作品でガンダムタイプのMSは正にガンダムらしい姿をしていましたが、グシオンは解説が無ければガンダムと分からない程ガンダムらしくないデザインです。
 作品中でも初めてのガンダム対ガンダムを行われたにも関わらず、リアクター反応がバルバトスと同じという分析結果はあったものの倒すまで。そして倒した後も、グシオンがガンダムだということは言われていませんでした。おそらく装甲を外して初めてガンダムフレームが使われているのが分かったのでしょう。
 およそガンダムらしくないガンダムですが、この太めのデザインには公開された時から妙に惹かれたものです。個人的にはリベイクに換装せずに、このデザインのまま運用してくれても良かったのですが、設定を読むとグシオンは紆余曲折をへて宇宙海賊の手に渡った際に重装甲が施されたもので、完全に重力下での運用を想定しない宇宙専用機なので換装する必要があった。なおグシオンの姿は、ロールアウト当時の姿ではない。
 という設定でした。
 なるほど、だからグシオンはガンダムらしくないのですね。
 それはさておき、今回から『鉄血のオルフェンズ』で一番好きなガンダムグシオンを作っていきます。


 当初は成型色を活かした作りで行おうと思いましたが、思いの外合わせ目が生じることで、やはり塗装を行わなければと思いました。
 説明書を眺めて肩が挟み込み方式なのが分かったので、ここを何とかしようと思った。
 IMG_6690.jpg

 組む前にグシオンのデザインを、しっかりと確かめるべきでした。
 グシオンのショルダーアーマーは、上が覆われていないことに。これによって、色々と失敗しました(TT)
 IMG_6693.jpg

 その結果が、これ。
 ショルダーアーマーは上から被せるものという先入観から軸の上部を削ったのですが、仮組みしてみて削った箇所が見えてしまうのが分かり、プラ材で補修することに。
 ここからショルダーアーマーの挟み込みに対して、後ハメ加工を行ったのですが、また失敗しました(TT)
 IMG_6692.jpg

 次の失敗が、これ。
 右側の軸を飛ばし過ぎました。
 なので、ここも補修しました。
 IMG_6694.jpg

 軸をプラ棒とアルミ線で復活。
 プラ棒なのにプラパイプのように加工するのが手間でした。
 IMG_6695.jpg

 出だしから色々とつまずいてしまいました。

  


テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

ごあいさつ

ご訪問、ありがとうございます。

こちらは、kouが作った模型等です。
模型の写真はありますが、写真、ポージング共に上手とは言えません。流行に関係なく好きに作っているので、時期を外した作品ばかりです。
ご高覧して頂き、良いと思ったり、模型作りの上で参考にして頂いたり、製作のモチベーションを上げて頂くなど、何かしら得るものがあれば、さいわいです。
kouは多趣味ですので、更新時期はまったくの未定となっています。
 
リンクフリーです。
その際には、メールやコメント欄で御一報下さりますと嬉しいです。
(看板娘より)

リンク様
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
楽天商品
Amazon商品
リンク 様
プロフィール

kou

Author:kou
 多趣味な者です。模型を作ったり、同人で小説を書いたり、ビデオを見たり(怖いのが好み)、フィギアを愛でてみたり、古書店を巡ったり、完成品玩具で遊んでみたり、ゲーム実況を観賞したり、献血をしたりの、猫大好きな者です。
 基本的には模型作りが好きなのですが、手が凄く遅いです。
 一人称は《私》を使っていますが、男性ですよ。

オンラインカウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングの参加しております。            作品が良いものであったり、記事がお役に立つものでしたでしょうか?           さしつかえがなければ押してやって下さいませm(_ _)m

FC2Blog Ranking

★掲載作品の一覧
カテゴリ
7月の商品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
177位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: