FC2ブログ

超音波洗浄機を購入してみました

IMG_7883.jpg
 水没したプラモは泥水に浸かった為に、写真のように汚れています。
 泥汚れというものはしつこいもので、水洗いをして綺麗になったと思っても、泥そのものは取れておらず乾燥すると泥汚れが浮き上がってきます。パーツ一つ一つを洗剤を使い歯ブラシで磨くのは難しい。良い方法はないものかと考えて超音波洗浄を使うことにしました。

 Amazonにて「LifeBasis 超音波洗浄機 小型業務用」というのを購入。
 超音波洗浄を購入するのは初めてなので、何を基準にしたら良いのか分かりませんが、取り合えず洗浄タンクが1400mlと大きいこと。1秒間42000Hz回振動数(なんだか良く分からないけど凄そう) お値段もそこそこ。
 という基準で購入しました。
IMG_7960.jpg

 Amazonアウトレット品で箱の痛みがあるとのことでしたが、ちょっと凹んでいる程度で、私的には問題ありません。その分お安く購入させて頂き、8329円でした。
IMG_7961.jpg

 こちらが本体。
IMG_7964.jpg

 説明書はありましたが、印刷は傾いているのはまあ良いとして、問題は文字が小さすぎて読みにくい。天眼鏡が必要になりました(;^ω^) 外箱の文字は全部英語表記なので海外製品に、日本語説明書を添付しただけなのでしょう。
IMG_7965.jpg

 実験的にプラモのパーツを洗ってみます。
IMG_7962.jpg

 パーツはこんな風に、泥汚れがあります。
IMG_7963.jpg

 説明書に従って水を入れる。
IMG_7966.jpg

 パーツを入れる。
IMG_7967.jpg

 蓋をする。
 タイマーは初期値の180秒で行ってみます。
IMG_7968.jpg
IMG_7969.jpg

 ONを押すと洗浄開始。ジジジという音がして、水が振動し始めました。
IMG_7970.jpg

 洗浄中のパーツ。
IMG_7971.jpg

 終了すると自動的に停止。
IMG_7972.jpg

 洗浄が済んだパーツ。
IMG_7973.jpg

 濡れているので泥汚れが落ちたのか分かりません。とりあえず水気を取って、風を当てて乾燥させる
IMG_7974.jpg

 あれ? 泥汚れが落ちていない。
 いえ、洗浄前に比べればいくらかは落ちていますが、きれいにはなっていませんΣ(゚Д゚) 超音波洗浄機でもだめなのか。
IMG_7975.jpg

 180秒は短かったと思い、最長の480秒で再度行ってみる。
IMG_7976.jpg

 洗浄後に水気を取って、風を当てて乾燥させる。
 すると、今度は泥汚れがしっかり取れていました(*´▽`*)ノ 
IMG_7978.jpg

 洗浄後
IMG_7981.jpg
 洗浄前
IMG_7962.jpg

 写真では分かりづらいですが、パーツ表面もかなりきれいになっています。水没したプラモの洗浄は組み立てる時にするしかありませんが、これで組み立てる時に1パーツずつ洗うという手間は省けそうです。



スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

水没プラモのサルベージが終わりました

IMG_7881.jpg
 水害にあったプラモを少しづつ整理していましたが、それも終わりました。
 ただ濡れただけなら乾かせば綺麗になったかも知れませんが、泥水だったので泥を拭き、水の溜まった袋からランナーを取り出す……。
 積みになっていたとは言え、積んでいる姿も自分にとっては楽しみではあっただけに、気持ちはへし折れていました。
 写真のプラモは、その一部。

 まだまだ、あります。
IMG_7887.jpg

 解体せざるを得なかった箱は、こんな風にバラシて乾燥させました。これがあと二倍ほどあります。
 また、損傷が酷い箱は廃棄しました。限定物もあったのですが、仕方ありません。
IMG_7884.jpg

 このゲイレール、マロンディセットも酷い状態でした。
IMG_7882.jpg

 パット見た目きれいに見えても裏を返せば、泥だらけ。
 箱の内側も似たような状態です。
IMG_7890.jpg

 パーツの洗浄などしていては片付かないので、適当に拭いては袋詰めにして箱ごと乾燥。そのためパーツは未だに泥まみれ。作る時は、まずはパーツ洗浄から行わないといけません。
IMG_7883.jpg

 箱から取り出したプラモ。あるいは箱を捨てたものは、こうしてダンボールに入れました。
IMG_7885.jpg

 プラモは基本的に洗えば何とかなりますが、デカールはほぼ全滅。
 また、説明書も同様で、丁寧に乾かす余裕がなかったので悲惨な状態です。ネットで検索すれは説明書はあったりしますが、肝心な機体データやエピソードは削除されているので、そこは残念。
IMG_7886.jpg

 片付けていて、唯一このグリモアだけは無事でした。なぜかと言えば、中古で購入しフィルムで梱包してあったから。厳重な梱包だっただけに、湿気で箱がふやける程度でした。奇跡の一箱です。
IMG_7888.jpg

 片付けなければいけないことはあるのですが、一段落いたしました。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

猫砂集塵ノズルの作成

IMG_7877.jpg
 家の猫・やっちゃんです。
 先日、喘息っぽいくしゃみをしているのを見て、心当たりに気が付きました。

 家の猫トイレは、衣装ケースを使い砂は鉱物系のものを使用しています。
 なぜ衣装ケースなのかと言えば、その広さからです。猫トイレは色々ありますが住宅事情を考慮してか、あまり面積は広い物ではありません。家の猫もホームセンターで販売している猫トイレを使っていた時がありますが、狭いために使い辛そうにしていたのを見て、色々考慮して衣装ケースに行きつきました。
 猫砂は鉱物系以外にも紙や、木製ペレットも使用した事がありますが、紙やペレットのものは鉱物系に比べ砂同士の隙が大きいせいか、糞尿を埋めても臭いが上がってきました。これを嫌ってか、別の場所でトイレをすることも過去にはありました。糞尿を埋めて臭いがしにくいのは、やはり砂同士の隙が小さい鉱物系が良い様です。
 使ってみると埃が立つことが分かりました。猫がトイレから出ると部屋に多少の砂の散らばりがあるように埃も仕方がないと思っていました。猫トイレにコンパネで囲いをしたのは埃の飛散防止からです。ですが、猫が喘息っぽいくしゃみをしているのを見て絶対に良くないと思い、猫砂の埃について色々調べました。
 参考にさせて頂いた一つ。猫砂の比較実験を行っていらっしゃるサイト:猫砂比較実験
 木製あるいは紙が一番埃が立ちにくいようです。木製のものを使うとなるとスノコ式の猫トイレが必要になりますが、家の猫は狭いトイレが好みではない。衣装ケース並みに広い猫トイレが見つけられませんでした。
 紙製のものは使った経験がありますが、砂同士の隙が大きいからか埋めた糞尿の臭いがしやすい。軽いせいか猫がトイレに入った時に紙砂の感触があまり好まないように感じた。
 やはり、衣装ケースで使うこと。家の猫の好みから言って鉱物系の砂になってしまいます。
 猫砂の埃対策で調べてみると、集塵ノズルを自作し猫砂の埃を除去している方のサイトを拝見。
 参考にした猫砂ほこり対策集塵ノズルのサイト:猫砂ほこり対策 集塵ノズル
 制作されている掃除機用猫砂集塵ノズルの効果を見て、これしかないと思い制作することにしました。
IMG_7859.jpg

 ちなみに、猫砂の粉塵について調べていてみつけた動画。
 絶対に猫の健康に悪いだけでなく、人間にも良くありません。

 早速、材料を購入。
 漏斗:100円
 ステンレスストレーナー:100円
 掃除機ノズル:100円
 パイプ:68円
 消費税を除いて368円
IMG_7849.jpg

 掃除に接続するアダプターとなるパイプの直径を間違えちゃった(;^ω^)
 なので内径を広げる作業をして、ここで時間ばかりかかってしまいました。
IMG_7850.jpg

 掃除機ノズルをカット。
IMG_7851.jpg

 接続はこのように。
IMG_7852.jpg

 漏斗の不要箇所をカットし、ノズルのパイプが入るようにルーターの鋸を使い加工する。
IMG_7853.jpg

 材質的に接着できるのか分かりませんが、一応グルーガンで隙間を埋めて接着。
 使っている最中にグルーガンのトリガーが戻らなくなった。こんな大事なところで壊れるなんてΣ(゚Д゚)
IMG_7854.jpg

 キッチン用品のストレーナー。不要箇所をディスクグラインダーでカット。
IMG_7855.jpg

 このようにくっつけていきます。
 ちなみにストレーナーの網の強度は硬めのものを選んでいます。網が柔らかいと砂の中に入れた際に変形してしまうから。
 また、先端がすぼまっているのにしたのは、砂の中に刺しやすことを考慮して。
 それにしても漏斗の直径とストレーナーの直径が申し合わせたように同じになりました。一応選んで購入はしましたが、ぴったり一致したことにお店でビックリしたものです。
IMG_7856.jpg

 あとはビニールテープでグルグル巻きにして完成ヽ(*´Д`*)ノ
 パイプの径さえ間違えなければ、もっと簡単にできていたのに。
 いえ、それもこれも掃除機のパイプの径が他のと異なったのが原因です。
IMG_7857.jpg

 掃除機に接続して使っていきます。 
IMG_7861.jpg

 参考サイトでの使い方をマネて、砂の中をかき混ぜて粉塵を吸い取ります。使用中に接続部が外れるようなこともなく、メッシュの目以下の粉塵を吸引。
IMG_7862.jpg

 これが衣装ケースの猫砂の中にあった粉塵。これだけ取れました。
IMG_7863.jpg
IMG_7865.jpg

 ついでに、サブの猫トイレの粉塵も取ります。こちらのトイレは一階に設置し、衣装ケースのトイレが気に入らない時に使ってもらうために用意しているのですが、猫はいつも二階の部屋にいるのでまったく使われていません。
IMG_7869.jpg

 同様の方法で粉塵を吸い取る。掃除機を斜めにして、粉塵を確認。これだけ吸い取れました。
IMG_7868.jpg

 ちなみに掃除機は、家で現役を引退した使われなくなっていたサイクロン掃除機です。猫砂の粉塵回収用に設置することにしました。使っていれば間違いなく砂同士が細かくなり粉塵になってしまうので、度々してやる必要はありますが、何もしないよりは確実に粉塵を吸引できるだけに粉塵の飛散を抑えることができます。
 健康に気遣ったキャットフードを食べさせていましたが、こうしたところに気が回らなかったのは、私自身の不徳の致すところです。猫にずっと元気で長生きして欲しいから飼い主として、できることをしっかりやっていきます。
IMG_7867.jpg

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

ごあいさつ

ご訪問、ありがとうございます。

こちらは、kouが作った模型等です。
模型の写真はありますが、写真、ポージング共に上手とは言えません。流行に関係なく好きに作っているので、時期を外した作品ばかりです。
ご高覧して頂き、良いと思ったり、模型作りの上で参考にして頂いたり、製作のモチベーションを上げて頂くなど、何かしら得るものがあれば、さいわいです。
kouは多趣味ですので、更新時期はまったくの未定となっています。
 
リンクフリーです。
その際には、メールやコメント欄で御一報下さりますと嬉しいです。
(看板娘より)

オンラインカウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングの参加しております。            作品が良いものであったり、記事がお役に立つものでしたでしょうか?           さしつかえがなければ押してやって下さいませm(_ _)m

FC2Blog Ranking

リンク様
最新コメント
最新トラックバック
Amazon商品
リンク 様
プロフィール

kou

Author:kou
 多趣味な者です。模型を作ったり、同人で小説を書いたり、ビデオを見たり(怖いのが好み)、フィギアを愛でてみたり、古書店を巡ったり、完成品玩具で遊んでみたり、ゲーム実況を観賞したり、献血をしたりの、猫大好きな者です。
 基本的には模型作りが好きなのですが、手が凄く遅いです。
 一人称は《私》を使っていますが、男性ですよ。

★掲載作品の一覧
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
7月の商品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
926位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
141位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: