企画『BFの世界で自分が使う愛機』 アポカリプス・ナイト

 IMG_5134.jpg

 『好きなものは好きだと言いたい!!』の卯月サクラ様と、『BFの世界で自分が使う愛機』という企画をさせて頂きました。
 内容は、企画名のまま。『ガンダムビルドファイターズ』にて自分がガンプラバトルで使用する機体を作るという企画。
 企画の約束としては、
 ・ベースは1/144のガンプラ。
 ・他は何をしてもOK。
 です。

 制作記ダイジェスト
 ギャンをベースにする事は、BFのサザキ・ススム、サザキ・カオルコが好きなキャラだっただけに迷いなく決定。
 そのまま作ってはBFらしくないという事で、漠然と高機動&武装強化で考えつつ、ギャンのイメージを私なりに変更しようと思った。小説版ガンダムのギャンはショルダーアーマーがあり格好良い。ギャンのシルエットを変更しイメージを変えるために、肩と頭を改造する。ネットでギャンの画像を検索し、デナンゾンのショルダーアーマーを装着した作品を参考に装着。
 続いて首の基部を下げると同時に、もっと睨みが利くような頭部にしたいという事で、パテで頭部の形状を変え、マスク部をプラ版で制作。
 ギャン本体はHGUC初期のキットのために、現在のHGUCキットから見れば難ありの箇所があるので、そこを改造。
 ・手首をコトブキヤのハンドパーツが使えるように、ポリキャップを変更。
 ・肘の切り抜きのために肘が細く見えるので、パイピングで誤魔化す。
 ・腰アーマーの分割可動。
 ・足首の可動範囲が狭いので、関節を引き出した。
 ・武器の両手持ちが出来る様に、肩関節を改造。
 ギャンは騎士というイメージから、武器はランスと長剣は決めていた。当初はショットランサーを使おうと思ったが、ジンクスⅢのGNランスの方が格好良く感じたのでGNランス。長剣はグレートマジンガーの剣かシグーのを使おうと思っていたが、コトブキヤのウエポンセレクトが発売されたので、そちらを使用。
 バックパックは高機動型ザクを使用しようと思い、接続まで行うもののランスという騎士の象徴的武器を使用するには、ド迫力パワーを感じないので中止。色々なキットを見てシナンジュから流用し、プロペラントを外しバーニアにする。脚部がすっきりしているので追加バーニアはケンプファーアメイジングで余るパーツを流用。脹脛はエヴァのジャンクパーツ。セイラマスオの制作されたギャンを参考に胸部にヴァーチェのパーツを付けた。
 あとは適当にプラ版でデコレーション。センスはありませんが(^^ゞ
 塗装は、私の好きなファントムクロウ00のカラーリングになぞらえて塗装。
 せっかくなので、オラ設定も考察しました。
 よろしければ、続きを読むからご高覧くださいませ。

 下の画像は、卯月様の企画作品。ジェスタをベースにカスタムされています。
 バナーから、ご訪問されてみて下さい。

  00バナー画像

 IMG_5173.jpg

 IMG_5174.jpg
 以下は、オラ設定ヽ(=´▽`=)ノ

 アポカリプス・ナイト
 一年戦争に終結後。各地の戦争記録を取りまとめていた記者が、当時戦争難民だった人々から偶然に見聞したunknown・MS。
 難民となった人々は一時的な居住区を作り上げる。こうした難民キャンプは戦時国際法により非戦闘区域に指定されるが、現実には、たびたび区域内での戦闘が繰り返されていた。本来こうした行為は国際問題レベルの違法行為であり多額の罰金が発生する。
 だが、こうした行為は各地で発生している。
 一例を挙げれば、連邦軍第13独立部隊ホワイトベースが中立宇宙都市サイド6からの出航の際、自艦が領空内を出た事を理由に、中立圏内のムサイを主砲で撃沈。連邦の攻撃に対しジオン軍が防衛の為に応戦した戦闘記録がある。
 いかに領空内を出ていようと、領空内に向けて砲撃すれば交戦状態になるのは明白である。このサイド6及びジオン公国への戦時国際法違反が、どのように処理されたかは不明。戦時の混乱を言い訳に、うやむやにされた可能性もある。
 政府を持つ圏内でも国際法を無視した戦闘発生がある中、政府を持たない難民キャンプの非戦闘区域の指定は形骸化したものであり、軍人のモラルに任せるものでしかなかったのだ。
 戦火の拡大は非戦闘地区でありながら、難民に更なる避難を負わせる事になる。安心して眠れるという当ても無い噂を信じては裏切られ、気がつけば戦場という濁流の中に非戦闘地区内が中州の様に存在していた。逃げ場を失った人々の目の前で、神話に語り継がれる様な巨人同士の戦いが繰り広げられる。戦闘が難民達の生活圏のみならず居住区すらも飲み込もうとした時、それは現れたという。
 ランスを携えた、一つ目の巨大な騎士が。
 騎士の背に翼が燃え上がると、荒れ狂う風が巻き起こった。
 騎士は流星が一瞬にして消える様な煌きとなりMSの巨体をランスで貫き、抜き払った長剣は閃光となってMSの胴を薙ぎ斬り、左腕の盾からは火を放ってMSを飛び爆ぜさせたという。
 証言者の一人は、騎士は最初に連邦を攻撃したと言うが、ある者はジオンを最初に攻撃したと言い証言の食い違いがある。もっとも、両軍に属さぬ機体の出現によって現場は非常に混乱した状態であった為、正確な情報を得る事は難しい。
 だが、騎士が戦いを終えた時、連邦・ジオンの双方とも動く姿は無かった事は一致していた。
 証言を取りまとめた記者は、この騎士をジオン軍のMSギャンではないかとしている。
 戦後に発掘された開発資料には、ギャンの様々な派生機やカスタム機の資料が発見されているが、ギャンは次期主力MS競合の結果、不採用とされたMSである。
 もっとも、ガンダムにおけるフルアーマー計画も長らく計画のみで開発される事なく終戦を迎えたとされてきたが、近年になりサンダーボルト宙域で投入されていた作戦記録や、学徒兵の遺品からもフルアーマーガンダムの写真あり開発、実戦投入されていた事が確認されている。
 この事からごく一部の軍事アナリストは、連邦軍諜報部の目を欺くためにギャンの開発も表向きは不採用としながらも、裏では制式化されており情報操作を行っていた可能性があると指摘する声もある。
 目撃されたunknown・MSがギャンであったとして、疑問が残る。なぜ連邦のみならず友軍まで殲滅したのか? EXAMの様なパイロットの意思を無視した戦闘行動を起こすシステムの搭載、あるいはPTSDによるパイロットの発狂等の憶測がある。
 記者は難民がunknown・MSを撮ったピンボケ写真を解析した結果、現地改修とは異なるレベルの武装や装備がある事。それにも関わらず、開発記録、製造記録、運用記録、作戦記録、戦闘記録等一切の記録や関連資料が皆無。あるいは抹消されていたという推測からジオン兵の間で囁かれていた一つの噂に行き着く。
 それは、ジオンの軍規違反、命令無視を行う部隊を、軍法会議無しに極秘裏に粛清する暗殺部隊の噂である。
 春秋時代末期(中国の時代区分) 
 呉王 闔廬は、孫子という男をからかい宮中の美女を兵士できるかと問うと、孫子はできると答えた。闔廬は孫子に美女180人を兵士として指揮をさせた。
 だが、美女達は、まったくやる気がなく孫子の言葉を聞こうともせず、ふざけあった。孫子は、一度は自分の教え方が悪かったとしたが、それでも美女達はふざけた。
 そこで孫子は隊長に任じていた愛姫を殺そうとする。王は哀願するが孫子は、これを拒否。王の愛姫を殺して見せしめにすると、その次の者を隊長とした。こうして孫子がまた命令を出すと、美女達は整然と命令に従い誰一人として、ふざける者は無かった。
 規律を保つ為には私情を挟むことなく違反者を処罰する。兵士を軍として行動させる軍律・軍規は必罰の制度である。暗殺部隊が実在したと仮定するなら、粛清を行う事でジオン軍の規律をただしていたと推察できる。
 難民の中には信心深い者もおり、騎士を神の使いで自分達を守ってくれたと思っている者も居るが、記者は騎士が守ったのは規律であったとする。
 だが、その推察には疑問がある。
 連邦軍の殲滅は、ジオンの軍律・軍規違反を粛清する際に攻撃を受けたための過剰防衛行動であるとしても、暗殺を行うタイミングとしてはジオン・連邦の両軍を相手にするには余りにもリスクがありすぎるのだ。戦闘終了後の撤収時、あるいは哨戒任務時等、闇に葬る機会は戦闘中以外にもある。
 この点から言えば、unknown・MSを暗殺部隊所属機と方向付けるには無理があるが、小規模な組織、ましてや個人で建造できる機体でないことから暗殺用特殊MSというのは存外的外れではないとし、両軍の殲滅には、いくつかの推論がされている。
 軍規を犯す存在を粛清するという過酷な任務を負う事で、非戦闘区域で戦闘を繰り返す《存在》全てが《敵》に見えたという可能性。
 作戦指揮の範囲外である非戦闘区域での戦闘を隠れ蓑に、作戦・軍事情報のリークを行っていたジオンの不穏分子のみならず、連邦の受取人を含めた抹殺という推論。
 また、一笑に付されているものでは、難民の居住区に迫った時に姿を現した事から、暗殺者の安っぽいヒューマニズムで両軍を殲滅したという話にもならないものもある。
 何にせよ、これらは想像であり、真相を解明する為には暗部の解析が求められる。
 記者は最後に、こう記す。
 unknown・MSを『ヨハネの黙示録』にある、人間を殺す権威を与えられているとされる黙示録の騎士(アポカリプス・ナイト)と信じ、騎士の宗教画を描き続ける老人を見た事を。
 当時幼子だった少女が母となり、力なき者を救ってくれた騎士の事を乳飲み子に話している姿を見た事を。
 つたない演技力で巨人の群れに一人戦う騎士の勇姿を演劇で伝えている子供たちを見た事を。
 記者は、信じて疑わぬ敬虔な人々と触れあうと、戦場に現れたunknown・MSは、本当に黙示録の騎士ではなかったと錯覚を覚えてしまうという。
 
IMG_5136.jpg

 IMG_5137.jpg

 IMG_5138.jpg

 IMG_5139.jpg

 武装
 ランス
 突進力、高機動力による速度が、そのまま攻撃力となるため、いかなる堅固な盾や装甲をもたやすく貫く。
 敵のまっただ中に躍り込んで撹乱したり、一撃離脱の戦法で確実に一機ずつ撃破する事ができる。
 60mmバルカンを内装し、射撃武器としても使用可能だが、敵に防御態勢を取らせたり機体が被弾する事によるパイロットに対する心理的圧迫感を目的とし、ランスによる攻撃を確実にするための牽制として使用される。
 
 ナイトソード
 ランスが使えない状況での白兵戦武器。
 視認性を低くすると共に機動力低下を損なわないよう、ジェネレーターを使用するヒートサーベルやビームサーベルではなく実剣となっている。
 剣は刃が大きく刀身が長くなるほど威力は上がるが、同様に扱いも難しくなる。剣を扱うには力だけでなく、敏捷性や訓練が必要となる。
 流体パルスアクセラレーターを搭載したギャンは、各部のエネルギーを蓄積し必要に応じてアクチュエーターに送り出すため、レスポンスとトルクが大幅に向上している。
 ギャンは白兵戦だけを見れば一年戦争中で開発されたMSの中でも最強に位置するだけに、最も本領が発揮される武器。
 IMG_5140.jpg

 ガトリング内装防盾
 アウトレンジの敵に対する攻撃法として装備された、ガトリング付きのシールド。
 白兵戦時に妨げにならない様、あるいは近接戦闘時にも扱えるようコンパクトな形にされている。
 ガトリングは、何本もの砲身を束にし、回転させながら撃つ事によって普通のフルオート銃よりも短時間で大量の弾丸を撃ち出す事が可能であるため、瞬時に弾幕を張ることができる。敵を殲滅するために使うだけでなく、敵が通過したり接近したりすることを阻止する。
 シールドはこれによって銃弾を防ぐというよりはガトリング本体への被弾を防ぐと共に、ランスによる突撃攻撃時に、シールドでコックピットを防御する目的として使われる。
 最も、ギャンの装甲はドムゆずりの重装甲であるため、軽微の被弾は問題視していない。(ドムは、ガンダムの60mmバルカン砲の直撃に耐える程の装甲厚)
 IMG_5141.jpg

肩関節が前後に動く様に改造
 IMG_5351.jpg

 腰アーマーが開く様に改造
 IMG_5352.jpg

 ショルダーアーマーは肩を動かした際に妨げにならない様に、クリアランスを確保出来る様にした。
 IMG_5353.jpg
 IMG_5354.jpg

 足首を引き出せる様に改造した他、シリンダーモールドを付けた。
 IMG_5356.jpg

 バックパックはシナンジュ。
 IMG_5358.jpg

 ケンプファーアメイジングで余るパーツで追加バーニア。
 IMG_5357.jpg

 動かしてみた。
 IMG_5359.jpg

 IMG_5360.jpg

 IMG_5143.jpg

 IMG_5142.jpg

 IMG_5144.jpg

 IMG_5145.jpg

 IMG_5148.jpg

 IMG_5355.jpg

 IMG_5146.jpg

 IMG_5149.jpg

 IMG_5150.jpg

 IMG_5151.jpg

 IMG_5154.jpg

 IMG_5157.jpg

 IMG_5158.jpg

 IMG_5159.jpg

 IMG_5160.jpg

 IMG_5161.jpg

 IMG_5167.jpg

 IMG_5168.jpg

 IMG_5169.jpg

 IMG_5170.jpg

 IMG_5171.jpg

 IMG_5172.jpg

 IMG_5162.jpg

 IMG_5164.jpg

 IMG_5361.jpg

 IMG_5362.jpg

 IMG_5155.jpg

 IMG_5156.jpg

 感想
 制作は2014年12月から始めたものの、完成までは5ヶ月もかかってしまいました(ーー;) ファントムクロウ00の時は、3ヶ月だったのに。
 それはひとえに私のカスタムするセンスの無さです。決断力が悪いのか、考えすぎて遅延してしまうのか、時間ばかりかかってしまう。4月はカゼで全く制作そのものが停滞してしまいましたが、それでも何とか完成させる事ができたのは、企画にお付き合い頂いた卯月さんのお陰です。
 企画にお付き合い頂いた、卯月さんには心より感謝しております。ありがとうございました。

 表記のない塗料は、Mrカラーです。
 青:ブラックを下地に塗装。その上から、ガイアカラーの蛍光ブルーにブルーパールを適当に混ぜて上塗り
 黒:ブラック
 金:エナメルのゴールドリーフ
 銀:スーパーシルバー。機体各部の細かい銀は、エナメルのクロームシルバー
 トップコート:ガイアカラーのフラットクリアー40%+スーパークリアーつや消し10%

スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

格好良いです♪

さすがkouさん!!
機体はもちろん、設定も細部に至るまで作りこまれており、自分のがまだまだだなと思ってしまいました(>_<)

マスク部をプラ版で製作するほど拘っただけあって、凄くイケメンさんですね!!
きらりと光るモノアイがよりフェイス部の造形の良さを際立たせているように思えます^^
腰アーマーの分割可動、凄いですね。
自分が組んだ時は、ラインの破綻が怖くて分割出来ませんでしたが、kouさんの技術力があればこそなのでしょうが、美しく分割&可動化されていて凄く感動しました。
プラ版でデコレーションはバランスよく配置されていて、キットの説得力を増してますね。
そして、それらの魅力をさらに引き立てる塗装にとても感動しました!!
渋くて、とても格好良いです(≧∀≦)

可動も丁寧に、そして的確に改造されているので、ベースがギャンとは思えない程にアクションポーズがとれるのですね!!
アクション写真をみて、凄く見惚れました♪

そして、見れば見るほどに、その塗装の美しさに引き込まれますね。
本当にメイン装甲の青部分の金属感が、美しいです。
写真を見ながら、そのむらのない、美しい塗装に見惚れるばかり。
塗料のレシピを見ても、出来る気はしません(汗

写真は個人的に最後の一枚が凄くお気に入りです!!
自作のフェイス部と、モノアイのするどさ、そして武器を構えた力強さ、塗装の美しさなどなど、それらの全てが見てわかる魅力的な写真ですね(≧∀≦)

こんな魅力的な作品みれて、私は幸せです!!
むしろ、kouさんのアポカリプス・ナイトを見た後だと、自分の作品がちゃっちく見えて、申し訳ないです(汗
今回も私なんかと一緒に企画をしていただいて、本当にありがとうございました。
kouさんの魅力的な作品を拝見することが出来て、とても幸せでした♪

卯月様へ

 こんにちは、卯月さん。
 いえいえ、設定を考えたりは小説を書いていた事からの自然発生的なもので大したものではありませんよ。それに作り込む事ができたのも、企画の進行についての卯月さんのアドバイスがあったからこそです。
 当初は肩の関節を改造する予定はありませんでしたが、そこを行うに至ったのは卯月さんがご自分の作品で改造を行っているという事を聞いた事による結果です。
 アクションポーズや写真を卯月さんにお褒め頂くと、私は申し訳ない気持ちで頭が下がります(シ_ _)シ 卯月さんのジェスタ・アサルトとは比べようもない写真は、自分の写真の下手さが恥ずかしくなってしまいます。
 でも、関節の改造が無ければ動きがもっとぎこちなくなっていたのは、動かした本人が感じたのですから間違いありません。
 ランスや長剣を自然な雰囲気で持つ事ができるようになったのは、間違いなく卯月さんのお陰です。ありがとうございました。

 顔は拘った箇所ですね。キットのままだと首の位置が高すぎて面長な印象だったので、グフのイメージとロビンマスクを組み合わせています(^^ゞ 
 腰アーマーは分割後に後悔しました(TT) 技術も無いのに後先考えずに切った事で、接続可動は泣く泣くで苦労しました。アイデアが出なくて放置していたのを思い出します(ーー;)
 プラ版デコはセイラ・マスオさんのマネですが、本当難しい。素人がマネしてもセンスがないと格好良くならないですが、お褒めに預かり恐縮ですm(_ _)m

 塗装はセンスがないので、ファントムクロウ00のカラーリングの踏襲です。通算三回目なので、初めての時よりは慣れましたです。卯月さんは絵も描かれるだけに塗装する環境さえあれば、きっと素晴らしい塗装ができると私は思いますよ。

 いえ、私も卯月さんの作品を拝見できて幸せです。一人で作っていたら絶対に挑戦もしていなければ、完成もしていません。一緒に企画をさせて頂き、本当に楽しかったです。ぜひ、また行いましょう
 本当に、ありがとうございましたm(_ _)m
ごあいさつ

ご訪問、ありがとうございます。

こちらは、kouが作った模型等です。
模型の写真はありますが、写真、ポージング共に上手とは言えません。流行に関係なく好きに作っているので、時期を外した作品ばかりです。
ご高覧して頂き、良いと思ったり、模型作りの上で参考にして頂いたり、製作のモチベーションを上げて頂くなど、何かしら得るものがあれば、さいわいです。
kouは多趣味ですので、更新時期はまったくの未定となっています。
 
リンクフリーです。
その際には、メールやコメント欄で御一報下さりますと嬉しいです。
(看板娘より)

リンク様
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
楽天商品
Amazon商品
リンク 様
プロフィール

kou

Author:kou
 多趣味な者です。模型を作ったり、同人で小説を書いたり、ビデオを見たり(怖いのが好み)、フィギアを愛でてみたり、古書店を巡ったり、完成品玩具で遊んでみたり、ゲーム実況を観賞したり、献血をしたりの、猫大好きな者です。
 基本的には模型作りが好きなのですが、手が凄く遅いです。
 一人称は《私》を使っていますが、男性ですよ。

オンラインカウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングの参加しております。            作品が良いものであったり、記事がお役に立つものでしたでしょうか?           さしつかえがなければ押してやって下さいませm(_ _)m

FC2Blog Ranking

★掲載作品の一覧
カテゴリ
7月の商品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
147位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: